マンションに防犯カメラを設置していれば安全なのか?

マンションの防犯対策として防犯カメラを設置していれば安全なのでしょうか。

今回はマンションの防犯カメラについて考えていきましょう。

マンションの防犯カメラと安全性

最近の分譲マンションでは必ずといっていいほど、入り口や通路、階段、エレベーターなどに防犯カメラが設置されています。

賃貸マンションでもある程度新しいところでは、防犯カメラを設置しているところが増えていますね。

賃貸マンションを選ぶときには「安全性」は誰しも考えるところですが、安全性を高めるもののひとつに防犯カメラがあります。

私の知り合いの女性も、賃貸マンションを探しているときに「防犯カメラがあるマンション」を条件にしていました。

それを聞いたときに私はその女性にひとつ考えて欲しいことがありました。それは「防犯カメラがあれば本当に安全なのか?」ということです。

スポンサードリンク

防犯カメラを設置することのメリットとデメリット

マンションに防犯カメラを設置することにはメリットとデメリットがあります。

メリット

防犯カメラを設置していることの大きなメリットは、何かあったときに状況証拠が残せることです。

たとえばマンションで空き巣被害が発生したとき、入り口や廊下、階段などに防犯カメラを確認すれば犯人を割り出す手がかりになる可能性があります。

また防犯カメラを設置していることで、空き巣や強盗が「このマンションはやめておこう」と犯行を未然に防げる可能性もあります。

これだけみるとマンションに防犯カメラを設置していることには意味がありそうですね。

デメリット

でも防犯カメラを設置することにはデメリットもあります。よくいわれてる一番大きな問題は、住人のプライバシーが侵害されることです。

本来防犯カメラは何か悪いことをする人を監視するために設置するのですが、悪いことをする人限定で撮影するわけではありません。常時録画しているわけですから、マンション住人の日々の行動もすべて監視されてしまいます。

以前マンションの管理人がストーカーになって住人を監視していた事件も発生しています。そんなことが起こると、あまり気持ちのいいことではないですよね。

あとこれはデメリットではないかもしれませんが、監視カメラがあれば安全性が上がるかといえばそれは正直分からない部分も大きいです。

たとえばマンションの入り口に防犯カメラを設置していても、入り口以外のところから侵入されれば防犯カメラには映りません。

また空き巣や強盗を未然に防げる可能性があると先ほどお伝えしましたが、目出し帽を被って空き巣や強盗が行われる場合もあるわけで、その手の犯人は防犯カメラがあるから犯人を躊躇することはありません。

 

結論としては、防犯カメラがあるから絶対安全とは考えず、防犯カメラはあった方がましと考えるくらいにしましょう。防犯対策は防犯カメラひとつでどうにかなるものではなく、窓やドアの二重施錠、防犯意識を高めることなどを含めて総合的に安全性を強化するべきです。