玄関の引き戸の防犯対策は難しい?簡単にできる4つの対策をご紹介!

玄関の引き戸の防犯性能は一般的な開き戸よりも低いです。

今回はその理由と、引き戸でもできる防犯対策をご紹介します。

引き戸が開き戸より防犯性能が低い理由

みなさんの家は引き戸でるか、それとも開き戸ですか?

最近の建てられた家は開き戸が多いですが、昔ながらの家はまだまだ引き戸が多いですよね。

私は実家が引き戸で、いま住んでいる家は開き戸です。

実家に住んでいたときにはあまり気にいしていませんでしたが、引き戸の防犯性能ってあまり高くありません

引き戸って戸が重なっていますが、戸の間には隙間がありますよね。そこから鍵を操作されやすいのです。

また引き戸には採光のためにガラスが配置されているものが多いのですが、鍵穴付近のガラスを割ってそこから手を突っ込んで鍵を開けるのは思っているより容易です。これが引き戸の最大の弱点ともいえます。

もちろん開口部や採風においては開き戸よりも優れている点もあるので、一概に引き戸がダメというわけではないのですが、少なくとも防犯においては引き戸の家では注意が必要です。

スポンサードリンク

引き戸でもできる防犯対策は?

では引き戸ではどのような防犯対策を施すべきなのでしょうか。

鍵を替える

引き戸の鍵は昔ながらの古いタイプのものが多いと思いますので、防犯の性能の高いディンプルキーなどに替えましょう

ディンプルキーとは凹みがぼこぼこあるこんなやつですね。

鍵を増やす

引き戸の場合、2枚でも3枚でも各戸の間に通所鍵があると思いますが、それだけでは不十分です。2枚の引き戸であれば真ん中にある鍵に加えて、両サイドのサッシと戸にも鍵を設置しましょう。

サムターンを着脱式にする

さきほど最大の弱点として、鍵周辺のガラスを割られて手を突っ込み、内側の鍵を操作するとお伝えしました。このとき手を突っ込んで中の鍵を開けようとしたとき、中のつまみがなければ操作できません。

たとえばこちらの商品を見てください。

左側が家の内側部分になりますが、輪っか部分が外れるようになっているので、夜間などはこれを外して離れた場所においておけば、手を突っ込まれて解錠される心配はなくなります。

防犯フィルムを貼る

鍵周辺にガラスがあるなら、そこに防犯フィルムを貼りましょう。防犯フィルムは5分以上破られないものがおすすめです。

以上、玄関の引き戸の防犯対策についてお伝えしました。