窓の面格子の防犯効果が高くないって本当?プロの目線でお答えします

窓の外側にとりつける面格子は、窓の防犯対策としてよく選択されます。

でも「あまり効果がない」という意見も耳します。そこで今回は窓の面格子の防犯効果ついて考えてみたいと思います。

1F窓には設置されることが多い面格子

みなさんの家の1Fの窓に面格子は取り付けられていますか?

浴室や洗面所、トイレなどの窓には必ずといっていいほどつけられていると思います。

ルーバー窓やダブルハングの上げ下げ窓との相性がよく、窓にかける鍵と面格子のダブルで守ってくれるので防犯効果が高いといわれています。

私も「窓には面格子をつけよう」とこのブログの中でも何度も紹介しています。

ただし面格子は完璧ではありません

。面格子をつけていても取り外されたり、破壊されたりして侵入される可能性があることを、面格子設置宅では意識すべきです。

その理由を次に書いていきます。

スポンサードリンク

面格子ってそんなに簡単に外せるの?

「でも、面格子ってけっこう頑丈に取り付けられてるし、そんなに簡単に破壊されたり、取り外されたりしないんじゃない?」と思う人がいらっしゃるかもしれません。

私も昔そう思っていました。でも実は面格子は補強や加工していないと簡単に取り外される可能性があります。

ご自宅に面格子を設置しているのであれば、一度よくご覧ください。

%e7%aa%93%e3%81%ae%e9%9d%a2%e6%a0%bc%e5%ad%90%e3%81%ae%e9%98%b2%e7%8a%af%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%81%af%e5%86%85%e5%81%b4%e3%81%8c%e9%ab%98%e3%81%84%ef%bc%81%e5%a4%96%e5%81%b4%e3%81%ab%e3%81%af%e5%bf%85

これはひとつの例ですが、このように外部に向いているねじはありませんか?

もしこのようなねじがある場合、ひとつひとつのねじを外していくと素人でも外すことはともて簡単なのです。(設置するのは素人には難しいですが・・・)

ですから、窓の面格子は防犯効果が高いと思われがちですが、意外ともろい部分もあり、簡単に取り外しを許すことができると考えるべきです。そういう意味では今回のタイトルにあるように、面格子の防犯対策は高くないというのは本当です。

最近ではネジが明らかに外せる位置に露出しないような防犯使用の面格子も発売されていますので、そのような防犯性能の高い面格子を使用すると防犯効果は高まるでしょう。

あとよくいわれている対策でいうと、ネジ山にボンドを流し込んでつぶしてしまう方法もあります。そうすればネジを回して外すことはできなくなります。

ただし泥棒や空き巣がバールなどで豪快に外そうとすれば、破壊される可能性は高いです。まあここまでされたら、どんなに防犯意識を高めて対策をとっていても防ぐのは難しいです。ただここまでする犯人は少ないでしょうが・・・。

 

スポンサードリンク

面格子の防犯効果はないの?

では窓につける面格子に防犯対策はないのかということ、それも間違いです。

面格子による防犯効果はたしかにあります。

まず面格子をつけていることによって、防犯対策をしっかりとっている家だと空き巣や泥棒にアピールすることができ、アピールすることで犯罪への抑止効果が働きます。

そして、たとえ面格子は外される可能性があるとしても、その分侵入にかかる時間は確実に長くなります。統計では侵入するのに10分以上かかれば、ほとんどの侵入犯はあきらめると言われています。

ですから面格子+窓で侵入するのに10分かけさせることができれば、空き巣や泥棒はあきらめてくれるのです。そういう意味では面格子の効果はあるといえますが、完璧ではないのでそれ以外の防犯対策も必要です。