設置するだけじゃダメ!ダミーカメラの防犯効果を3倍にする方法

この記事ではダミーカメラの防犯対策を飛躍的に向上させる方法についてご紹介します。

 

家の防犯をを高めようと防犯カメラを設置しようと思ったけど、めちゃくちゃ高い。そこでダミーカメラを設定しようと考えている人も多いのではないでしょうか。

でもダミーカメラはあくまで「ダミー」であり、設置するだけでは求めている防犯性能は得られません

 

実は3つのポイントにさえ注意すれば、ダミーカメラの効果をぐんと上げることができます。

せっかく設置するんだったら、ダミーカメラでも防犯効果を最大限に発揮できる方がいいですよね。

知りたい人はぜひ最後までお読みください。

ダミーカメラの効果は抑止力

あなたはダミーカメラにどんな防犯効果を期待しますか?

警備会社で使っている防犯カメラなら、

  • 監視
  • 不審者を発見したときにマイクを通じて警告
  • 犯罪の一部始終を記録

と、3つの役割を担うことができます、自宅用の防犯カメラでも何かあったときには記録された動画が役立ちます。

 

ではダミーカメラにはどんな防犯効果があるのでしょうか?

ダミーカメラにたったひとつしか性能がありません。

それは抑止力です。

 

あやママ
ダミーカメラなので監視することはでけへんし、録画もでけへんもんなぁ。
けんパパ
そうそう。だから「うちの家は防犯カメラを設置してるんやぞ!(ダミーカメラやけど)」と思わせることしかでけへん。
あやママ
強盗や空き巣に犯罪を思い留まらせたら成功なんやね。

 

スポンサードリンク

ダミーカメラの効果を過信しない

ダミーカメラの効果は抑止力なので、ダミーカメラの効果をあまり過信するのは危険です。

あやママ
どういうこと?
けんパパ
ダミーカメラでも設置したら、泥棒を寄せつけないって勘違いしてる人が多いわ。

 

繰り返しになりますが、ダミーカメラを設置している家で犯罪が起きても、録画ができないので全く役に立ちません。

あともうひとつ注意が必要ですが、ダミーカメラはじっくり見ると「ダミーである」ことを見抜かれてしまいます

特にプロの空き巣なら、そのカメラがダミーかどうかはすぐに見破れます。

あやママ
そんなんできるの?
けんパパ
俺でもじっくり見れば、それがダミーカメラかどうか見分けられるよ。

 

ここではダミーカメラを見分ける方法はあえて語りませんが、そんなに難しいことではないです。

あやママ
ダミーカメラかどうか見分けられるなら、抑止力にもならへんやん。
けんパパ
だから見分けられないようにする対策が必要やねん。

 

スポンサードリンク

ダミーカメラの防犯効果を3倍にする方法

ではダミーカメラと見分けられないようにして、ダミーカメラの防犯効果を上げるにはどうすればいいのでしょうか。

ダミーカメラをはっきり見えない位置に設置する

一番重要なのがこれです。

防犯カメラを設置するときは、家の外からじっくり見えない位置に設置するようにしましょう。

たとえば道路に面しているところに設置すると、通りすがりに見ることができるので、ダミーカメラかどうか見分けられる可能性があります。

逆に玄関付近の天井や壁の高いところ、少し通りから奥まったところに設置すれば、じっくり観察することできません。

 

もちろんダミーカメラであっても、人を監視(しているように見せること)が目的です。

ですから、防犯効果が期待できない場所(たとえば屋根の上)に設置しても意味がないので、空き巣が視認できる場所には設置してください。

あやママ
うちは玄関ドアの前の天井に設置したなぁ。
けんパパ
あそこならジロジロ見るのは無理やからね。

防犯カメラ設置ステッカーを併用する

ダミーカメラの防犯効果は低いので、少しでも効果を高めたいのであれば「防犯カメラ作動中」などの防犯ステッカーも設置してください。

ステッカーは逆にめちゃくちゃ目立つ位置に貼りましょう。

あやママ
あんまり目立つところにベタベタステッカーを貼りたくないなぁ。かっこ悪いやん。
けんパパ
空き巣や強盗の被害に遭う可能性が減るならしかたないんちゃうかなぁ。

 

他の防犯対策も万全にする

最後はこれです。とにかく防犯対策を万全にしましょう。

あやママ
こんなん、当たり前やん。
けんパパ
当たり前やけど、これは空き巣や泥棒に対してアピールする意味があるねん。

 

たとえば、ダミーカメラやステッカー以外にも、

  • 防犯砂利を敷いている
  • 玄関や勝手口の鍵はツーロック
  • 1階の窓にはシャッターか格子がすべて設置してある
  • インターホンがカメラ付き
  • 郵便ポストに郵便物が溜まっていない
  • カーテンが閉められて中の様子が確認できない

など、明らかに防犯意識の高い家には、空き巣や強盗は寄りつきにくいです。

ダミーカメラを含め、いろんなもので抑止力を高める必要があるってことです。

 

まとめ

ダミーカメラの防犯効果を3倍にする方法についてお伝えしてきました。

最後にまとめます。

ダミーカメラの利用上のポイント
  1. ダミーカメラの効果は抑止力にしかないので過信しすぎない。
  2. ダミーカメラは見にくい位置に、ステッカーは目立つ位置に設置する。
  3. 他の防犯対策と合わせて防犯意識が高い家だと思わせる。

 

こちらのブログでは何度かお伝えしていますが、ひとつの防犯対策で安全・安心が手に入るわけではありません

複数の防犯対策と合わせて、泥棒に「この家に手を出すのはやめておこう」と思わせられるかどうか、そこに大事ですよ。