ホームセキュリティの自作をおすすめしないたった1つの理由

ホームセキュリティを自分で作り上げることは可能です。

でも自作のホームセキュリティは絶対におすすめしません。その理由とは?

ホームセキュリティシステムは市販されている

ホームセキュリティといえば警備会社と契約して、いろいろな機器を取り付けてもらう必要があるので、少し前ならすごく高価な物とされていました。

でも最近ホームセキュリティのシステムが市販されるようになりました。市販と書くと分かりにくいかもしれませんが、他の電化製品と同じように普通に販売されているという意味です。

有名な商品では大手電機メーカーのパナソニックからホームネットワークシステム「スマ@ホーム」という商品が発売されています。

2017-01-25_08h55_29
(画像引用:パナソニック ホームネットワークシステム

こちらの商品は屋外カメラや屋内カメラ、センサーライトなどとスマートフォンが連動しており、たとえば勝手口のセンサーライトが深夜に光ったら、スマートフォンにその情報が届きます。

それぞれの商品を、しかもご自宅に必要な分だけ取り付けます。屋内カメラで留守中のペットの様子を見る人も増えてきましたよね。

この商品はかなり画期的で、大手警備会社が提供している防犯機器よりもシンプルなのに高性能です。しかも警備会社との契約は要らないので、購入さえすれば月々の費用なしで利用できるのがすごいですよね。

これとその他の防犯グッズを組み合わせれば、かなり防犯性能の高い家になります。私がいま現在ホームセキュリティを設置していないくて、導入を検討したら間違いなく候補に入ってくると思います。

スポンサードリンク

ホームセキュリティは自作しない方がいい

でもセコムのホームセキュリティをすでに利用して、その良さが分かっているいまなら、ホームセキュリティシステムを自分で作ろうなんて思いません。

警備会社のホームセキュリティサービスを利用して、私が感じている最大のメリットは何かあったときに警備員が駆けつけてきて対処してれることです。

たとえば仕事で家を留守にしているときに空き巣が入れば、窓のセンサーか室内の人感センサーが反応し、緊急信号を受けた警備員が緊急出動してくれます。

この出動の流れは私は一切関わることはありませんので、非常時の現場に対応できる訓練を受けた警備員が、迅速かつ自動的に駆けつけてくれるのは本当に頼もしいことです。

 

一方、自分でどれだけ優秀なホームセキュリティシステムを構築しても、何かあったときの対処は自分でしなくてはなりません。

もし留守中に窓の開閉センサーが作動して、その情報がスマートフォンに届いたとしても、室内の状況を確認して、荒らされた形跡があれば自分で警察に通報しなくてはなりません。

仕事が立て込んでいて、すぐにスマートフォンを確認できないときにはすぐに警察に電話できないので全く役に立ちません。これだと何のためのホームセキュリティか分かりませんよね。

結局ホームセキュリティの肝は何かあったときに警備員がすぐに駆けつけてくれることにあります。それがないならホームセキュリティの効果は半減どころか、ほとんどないといえるでしょう。

もしみなさんがホームセキュリティを自作しようと考えているなら、警備会社のホームセキュリティサービスと、自作するホームセキュリティの効果を一度冷静に比べてみてください。

プロにはプロの価値があり、お金を払ってでも利用する意味が必ずあります。