ホームセキュリティは必要か悩むなら身近なアレに例えて考えてみよう

ホームセキュリティは本当に必要なのでしょうか。

今回はホームセキュリティの必要性について考えてみましょう。

ホームセキュリティは必要?不要?

先日実家に帰ったとき、兄とホームセキュリティが必要かどうか議論しました。兄は現在一戸建てを建てている最中で、ホームセキュリティについては検討しましたが、最終的には導入しないことにしたそうです。

私はセコムのホームセキュリティを導入しているので絶対必要の立場、兄は検討したけども最終的には導入を見送ったので不要の立場。

ふたりともいろいろ想いを述べたのですが、そもそも立場に結論が出ているふたりなので平行線を辿りました。

ではホームセキュリティは本当に必要なのか、不要なのか、どう考えればいいのでしょうか。

スポンサードリンク

保険に入る派?入らない派?

ところで、みなさんはがん保険や死亡保険に入っていますか?

がんは死因の上位を占めますし、もし若いうちに死んだら妻や子供に迷惑をかけるので多くの人が保険に入っています。

一方で「保険なんていらない」と頑なに保険に入らない人がいますよね。私の義兄は社会保険労務士をしていて、社会制度にはとても詳しいのですが、その義兄は保険には絶対入らない派です。

なるかならないか分からない病気のために、毎年毎年大金を支払うのが嫌みたいで、それなら自分で健康管理をすると話しています。

 

保険に加入するときに代理店の人にいわれてすごく印象に残っている言葉があります。

「保険は得をしたらいけないものです」

どういうことかというと、がん保険に加入していてがんになれば一時金で100万円程度、手術や入院、通院に対してさらに保険金が支給されます。

加入して1年で多額の保険金受け取れば超がつくほど黒字になります。しかも以後の保険料の支払いを免除するような特約をつけていれば、一生保険料の支払い義務もなくなります。

これってすごく得したように思えますよね。

一方で、がんになるということは身体を壊しているということなので、全く喜ばしいことではありません。もしかしたら余命が短いような末期がんであれば100万円もらっても嬉しくないですよね。

ですから支払った保険料を取り返せないように、健康に過ごしていることが一番だとその代理店の人は話していたのです。

スポンサードリンク

ホームセキュリティは保険のようなもの

ホームセキュリティは保険とすごく近いものです。

すべての家が絶対空き巣や強盗被害に遭うわけではありません。だったら防犯の意識を高めて、戸締まりすればホームセキュリティなんてなくても十分だという意見も理解できます。

これは保険に入らない人の意見に近いですね。

一方、いつ起こるか分から合い空き巣や強盗被害のためにホームセキュリティを設置して備える人は、保険に加入する人の考えに違いです。

月々の利用料は何もなければ無駄になってしまいます。でもその利用料は安心料として支払っているので問題ないのです。

ホームセキュリティが必要かどうかの議論には終わりがありませんが、がん保険や死亡保険と考えれば分かりやすいのではないでしょうか。

もしみなさんが保険に加入して万が一に備えているのであれば、ホームセキュリティはぜひおすすめです。

万が一の際には警備員が警察と連携をとってすぐに駆けつけてくれますので本当に安心です。