セコムの強みって何?アルソックではなくセコムを選んだ理由

ホームセキュリティを導入しようとすると警備会社はいくつかあって悩みますよね。

今回は私がセコムを選んだ理由についてお伝えします。

ホームセキュリティ業界の実情

個人宅でホームセキュリティを導入しようとしたとき、悩むことのひとつに「どの警備会社と契約するか」があります。

関西に住んでいる私なら、警備会社で有名なセコムの他にも、

  • アルソック(綜合警備保障)
  • セントラル警備保障
  • 全日警
  • 東洋テック
  • 関電SOS
  • 大阪ガスセキュリティサービス

くらいの会社は選べます。

私もホームセキュリティ導入時にはどの会社にするか悩みました。

 

スポンサードリンク

強みのあるセコムを選んだ理由

その中から私はセコムを選びました。

セコムを選んだ理由は他社にはない強みがあったからです。

業界最大発信拠点数

警備業界では最大の売上を誇っています。まあ売上はどうでもいいのですが、それよりも大きかったのは、業界最大手ならでは発進拠点数の多さです。その数なんと2800箇所以上。

発進拠点とは自宅に何かあったときに駆けつけてくれる警備員が普段待機している基地です。

お分かりだと思いますが、その数が多ければ多いほど全国をカバーできますし、カバーする拠点が多いほど出動から到着までの時間は総じて短くなります。(※最終的には自宅と発進拠点の距離によるので少し長くなる家もある)

ちなみに私が夜中に一度警報を鳴らしてしまったときには、5分程度でセコムと警察が到着しました。(その後、両者に平謝り・・)

何かあったときにすぐに来てもらえるというのは本当に安心ですよね。

歴史と経験

セコムは日本の警備会社のはしりで1962年に創業しています。その後、1970年の大阪万博や1972年の札幌オリンピックでも会場の警備を担当しています。

日本の警備会社の第一人者としての歴史と、50年以上日本の家や会社を守ってきたその経験は何物にも替えられません。経験が長いということはもちろんそれだけノウハウも蓄積されているということです。

初期費用や月額費用を比較すればセコムよりも安い会社はあります。でもホームセキュリティって安全や安心を買うのに、安かろう悪かろうでは困りますよね。

もしホームセキュリティの導入を検討しているのであれば、まずはセコムの資料を取り寄せてください。セコムのサービスは本当に日本のスタンダードといっても過言ではないので他社とも比べやすいですよ。その実績を信頼を知りたいのであればこちかからどうぞ。