空き巣手口で下見とは?どんな家なら狙われない?その決定的な特徴

空き巣は犯行の前に必ずといっていいほど下見をします。

空き巣の下見の手口と、どんな家が狙われやすいのか、今回はご紹介します。

空き巣が下見をする理由

空き巣とは「空いた巣」、つまり留守宅に侵入する手口です。ちなみに家に人がいるのに押し入るのが強盗です。

留守宅を狙うという犯行からも分かるように、空き巣の犯行は強盗よりも慎重です。その理由は明確で捕まりたくないからです。

そりゃ人が家の中にいて、その家人が屈強な機動隊の隊員だったら絶対返り討ちに遭います。

だったら家に人がいない時間を狙って空き巣を行った方が、家人と出くわす可能性はありませんし、犯行を目撃されることもありません。

だから慎重派の空き巣は留守宅を見極めるために下見に時間をかけるのです。

 

スポンサードリンク

空き巣が下見をするときの服装

では空き巣はどのような服装で下見をしているのでしょうか。

ひと昔前の空き巣のイメージといえばこんな感じ。

ほっかむりをして、唐草模様の風呂敷を背中に背負っています。

でも空き巣が下見をするときにこんな格好をしていると目立ちすぎますし、あやしくて仕方ないですよね。

なのでできるだけ犯行を行う街に馴染むようにします。たとえば、

  • 住宅街なら普通の服装
  • ビジネスマンが多い街ならスーツ
  • 工場が多い街なら作業服

などなど、とにかくウロウロしていても目立たない服装です。

スポンサードリンク

空き巣が下見で確認する場所は?

では空き巣は家のどの部分を下見で確認しているのでしょうか。

1階の窓

空き巣の侵入口として圧倒的に多いのが1階の窓です。1階の窓に面格子がシャッターがついていると侵入するのに時間がかかります。

ですから面格子やシャッターが設置されていない窓はないか、そしてその窓が開けっ放しになっていないか、鍵がしっかりかかっているかを確認します。

犯行を見られないか

先ほども申し上げましたが、空き巣は慎重派が多いです。ですから家に侵入するところを見られたくありません。家が外壁や塀で囲まれて、周囲から見えない家は敷地内に入ってしまえば比較的簡単に犯行が行えます。

また周辺の家の目がないか、通行が多くか少ないかも重要なポイントです。

家人の生活パターン

夫婦共働きなら8時くらいには夫婦は仕事に出かけますし、子供もそのくらいの時間には学校に行きます。そうするとその後は夕方くらいまで留守の時間が続きます。

このような家人の生活パターンを把握するために、何度も脚を運ぶ空き巣もいます。

防犯カメラがあるかどうか

防犯カメラが設置されていると、慎重派の空き巣は犯行を行いにくくなります。

カメラ付きのインターホンかどうか

インターホンにカメラがついていない場合、顔を確認される心配がないので、実際にインターホンを押して留守かどうか確認することがあります。

空き巣がつけるマーキング

もし空き巣が下見をして何かを確認すると、忘れないようにマーキングをすることが分かっています。

表札やインターホン、玄関のドア周りに貼った記憶がないのにシールが貼ってあったり、何か文字が書かれていたりしませんか。

たとえば「ル」と書いていれば、下見に来たときは留守だったことを表します。また「S」と書いていれば一人暮らしを表したり、金のシールが貼っていればお金持ちを表します。

もし不安であれば表札やインターホン、玄関ドア周りに不審なマークがないか確認してみましょう。

もし身に覚えがないマークがあれば必ず消しておきましょうね。