窓の面格子は内側が外側より防犯に重要な理由

防犯対策として窓の外側に面格子をつける家は多いですが、面格子を取り付けるなら実は窓の内側に取り付ける方が効果があります。

あやママ
でも面格子って普通は外側じゃないの?
けんパパ
たしかに。面格子をつけている家のほとんどが外側やなぁ。
あやママ
じゃあ外側でええんちゃうの?
けんパパ
いや、防犯対策として内側に面格子をつける方が強力なんよ。その理由を今回は書いていくね。

室内に取り付ける内側格子の方が防犯効果は高い

まず窓の内側に取り付ける面格子がどういうものか分かりますか?

最近流行っているのはこういうやつです。

窓の内側に簡単に取り付けることができます。

あやママ
なんかよく見かける外側の面格子よりも頑丈そうやね。
けんパパ
そうそう、後で話すけど外側の面格子はすぐに破壊される可能性があるんよ。

 

室内面格子は格子が太いですし、専用工具でしか取り外しできないボルトで固定します。

外側の面格子に比べると取り外されたり、破壊される可能性はぐっと下がります

なぜなら、

  • 専用工具でしか外せないため取り外しには時間かかり、防犯性能が高い。
  • よく見かける外側の面格子と違うので、外し方が分からない空き巣や泥棒も多い。
  • 空き巣や泥棒が侵入しようと思って窓の内側に面格子があると、時間がかかりそうな気がして侵入するのを躊躇する。
  • 室内に面格子があるので、取り外したり破壊しようとすると、家人が家にいた場合には気づかれる可能性が増える。
だからです。

けんパパ
すごくいいことが多いでしょ?
あやママ
ほんまに。これやったらうちの家も内側の面格子に替えたらええんちゃうの?
けんパパ
そう思っていろいろ調べてみたんやけど、室内面格子にも弱点があることがわかったんよ。
あやママ
何なん、その弱点って?

 

室内面格子の弱点とは?
  • 網戸がついているタイプの窓の場合、網戸が取り外せなくなるので気軽に掃除ができなくなります。もし破れたりすると交換が非常に大変になることが予想されます。
  • ルーバー窓のようにハンドルを使うタイプの窓への設置が難しい場合がありますし、ダブルハングの上げ下げ窓では窓を開けたり閉めたり(上げ下げ)がかなり面倒になります。突き出し窓(外側にパカッと開くタイプの窓)にはいいかもしれませんね。

 

けんパパ
うちの家は網戸を定期的に取り外して洗うし、ハンドルタイプのルーバー窓やからちょっとしんどいね。
あやママ
防犯だけ考えたら良さそうやのに。残念。
スポンサードリンク

窓の面格子を外側につけるのはダメなの?

あやママ
その弱点があるなら、うちの家は室内に面格子をつけることはこの先もないってことやんなぁ。
けんパパ
おそらくそうちゃうかなぁ。
あやママ
あんたさっき外側の面格子は簡単に破壊されるっていうてたやん。それやったら外側の面格子はあかんのちゃう?
けんパパ
まあ窓の内側につける面格子に比べると効果は薄いけど、外側の面格子もちゃんと防犯には役立つよ。そのあたりを解説するね。

 

窓の内側にある面格子が有能であることがご理解いただけたと思うのですが、窓の外側にある面格子には意味がないのかというとそうではありません。

内側の面格子には劣りますが、空き巣や泥棒が侵入を試みた際には時間をかけさせることができるので防犯効果はあります。

また内側に比べると外側に面格子がある方が、外から見てもすぐに分かりますから、下見をしている空き巣や泥棒の目に止まり抑止効果が働きます。

あやママ
外側にある面格子は「面格子つけてますよ!」ってアピールにはなるわなぁ。

 

ただし外側にある面格子は、ネジをひとつずつ順番に外していくと素人でも簡単に取り外しできます。

あやママ
マジで?!
けんパパ
本気と書いてマジです。
けんパパ
その読ませ方がおっさんやわ。

 

そういう意味では外側面格子は防犯能力が弱いのです。

このようにネジが露わになっていると危険です。

%e7%aa%93%e3%81%ae%e9%9d%a2%e6%a0%bc%e5%ad%90%e3%81%ae%e9%98%b2%e7%8a%af%e5%8a%b9%e6%9e%9c%e3%81%af%e5%86%85%e5%81%b4%e3%81%8c%e9%ab%98%e3%81%84%ef%bc%81%e5%a4%96%e5%81%b4%e3%81%ab%e3%81%af%e5%bf%85

外側の面格子を簡単に外せないようにするには、ネジの頭の山を飛ばしたり、ネジを強力接着剤で固定したり、ネジが回せないような加工が必要です。

あやママ
うちの家はその加工してあるんよな?
けんパパ
もちろん。しっかりボンドでネジ山を埋めてるよ。
スポンサードリンク

面格子での防犯も組み合わせで考えると効果的

以前こちらのブログでルーバー窓の危険性についてご紹介しました。

関連記事

ルーバー窓はなぜ危険なの?ルーバー窓でやるべき防犯対策とは?

 

このときにもお伝えしたのですが、防犯対策はひとつ行えば完璧というものはなく、複数を組み合わせることで防犯効果が高まっていきます

あやママ
1つより2つ、2つより3つの防犯対策を組み合わせってことやね?
けんパパ
その通り!

 

たとえば外側の面格子が取り外される可能性があるなら、内側にも面格子をつければいいのです。

内と外に面格子があればこれ以上面倒な家はないので、空き巣や泥棒はきっと侵入をあきらめるでしょう。

あやママ
窓の内と外に面格子があったら私が空き巣でも諦めるなぁ

 

またそれ以外にも、取り付けてある窓の鍵をふたつにしたり、窓周囲に防犯砂利を敷いたり、フラッシュライトをつけるなど、窓+面格子+αと三重のセキュリティにすれば防犯効果は高まるのでおすすめです。

ぜひ参考にしてください!