女性の一人暮らしで2階の部屋の防犯はどうすべき?プロの答え

女性がマンションやアパートの2階で一人暮らしをするとき、どのような防犯対策をするべきなのでしょうか。

実は2階は1階よりも危ない状況も想定できるので注意が必要なのです。

女性の一人暮らしでどの階に住むかは重要

女性がマンションで一人暮らしをするとき、どの階に住むかは非常に重要です。

なぜなら住む階によって防犯対策が変わってくるからです。

以前こちらのブログで女性が1階に住むときの防犯対策をご紹介しました。

関連記事

女性の一人暮らしで1階なら防犯として絶対やるべき3つの対策  

女性がマンションの1階に住むと、ベランダに直接侵入される可能性があることや、外から中がまる見えになることなどのリスクがあります。

では「2階だったらこんな心配がなくなるから安全だよね」とタカをくくっていると痛い目に遭います。

実は2階に住むと意外なリスクが生じてきます。

あやママ
えぇ、でも1階よりは安全やろう?
けんパパ
同じように過ごしていればそりゃ1階よりは安全やけど、2階に住むことによって防犯に対して気の緩みも生じるんよね。
あやママ
気の緩み?
けんパパ
そういう気の緩みが起きるから、2階でも危ないってのが今回の話やねん。
 

スポンサードリンク

女性の一人暮らしで2階の部屋のリスクとは?

では女性の一人暮らしで2階の部屋に住むリスクにはどのようなものがあるのでしょうか。

ベランダからの侵入される

2階になると「ベランダからは入ってこないだろう」と安易に考えがちですが、ちょっと運動神経の良い空き巣や泥棒なら雨どいを伝って2階によじ登ることは簡単です。

3階以上になるとまた話は変わるのですが、少なくとも2階だと空き巣や泥棒が上がってこない保証はないでしょう。

あやママ
どんくさいあんたでも2階までなら上がれそうやな。
けんパパ
昔実家の鍵を持ってでるのを忘れて、2階まで上がって開いてた窓から入ったことあるわ。って、どんくさいは余計やで。

生活を覗かれる

これもマンション1階と同じですが、2階の部屋は思っているより外から見えてしまいます

もちろん1階のようにすべてが見えるわけではありませんが、ベランダに干している洗濯物はすべて確認できるので、家族構成はある程度分かります。

またベランダの窓の近くで立って何かをしていれば、顔はバッチリ見られてしまいます。(特に夜間にカーテンを開けて灯りをつけていると)

あやママ
下着姿で窓の近くには行かん方がええなぁ。

心に油断が生まれやすい

1階と2階に住むときの一番大きな違いは心に油断ができることだと考えています。

1階に住んでいると「何かあったらどうしよう」と危険に備える意識が常に働きます。1階なのでそれはみなさんある程度認識しているようです。

でも2階に住む場合ではどうでしょうか。

1階に住むよりも何となく安心している傾向にあります。先ほどお伝えしたように「まさか2階に入ってくることなんて」と勝手に考えて、危険に対する行動をとりません。

その心の隙は無締り(無施錠)や貴重品の管理など、他のリスク対策にも影響してくるので厄介なのです。

あやママ
2階にも侵入しやすいと理解できていれば、そこまで油断することはないんやろうけど。
けんパパ
このブログでは何度もいうてるけど、そういうリスクをどれだけ想定できるかが防犯の第一歩やね。
スポンサードリンク

女性の一人暮らしで2階の部屋の防犯対策としてやるべきこと

では女性の一人暮らしで2階の部屋に住むときにやるべき防犯対策をご紹介します。

窓は開けっ放しにしない

窓は基本的に開けっ放しにしないようにしましょう。

2階でもよじ登ってくる不審者はいますし、隣の部屋の人がベランダを伝って侵入してくる可能性もゼロではありません。

換気をする場合は仕方がないのですが、一旦全開にして換気が終わればすぐに閉めるか、補助錠を使って人が侵入できない程度窓を開けるようにしましょう。

特に夜間窓を開けたまま寝るのは、危険ですので絶対おやめください。

あやママ
けっこうマンションの人って窓を開けたまま寝てる人おるよなぁ。
けんパパ
今回は2階の話やけど、何階に住んでても窓を開けたまま寝るのはやめましょう。

生活を覗かれない工夫をする

2階でも外から生活が覗かれていると考えるべきです。ですから外から生活を覗かれないようにしましょう

具体的には、

  • 日中はレースのカーテン、夜間は遮光カーテンを使って部屋の中を見えないようにする。
  • 下着は外に干さないようにする。
  • 洗濯物は留守中には外に干さないようにする。
など、生活感を出さないようにしましょう。

あやママ
女性の目でいわせてもらえば、外に下着を干すのは絶対にやめた方がいいわ。

防犯意識を常に持ち続ける

最後にやはり大事なのは防犯意識をいかに持ち続けるかです。

2階は安全なようで安全ではありません。1階に住むときと同じように防犯対策も防犯意識も持ち続ける必要があります。

それができれば、何をすべきか行動も変わってくるので一石二鳥です。

けんパパ
精神論的な話で申し訳ないけど、やっぱり防犯意識を持ち続けることが一番やな。

 

ここまでいろいろなリスクや対策をご紹介してきまいたが、もし女性の一人暮らしでもし不安があるならホームセキュリティを設置するのが一番の防犯対策となります。

家族や自分の身の安全を守るために、ホームセキュリティを導入することをおすすめしているのですが、中でも一人暮らしの女性は絶対に設置するべきだと考えています。

なぜなら留守中に部屋を守ってくれるだけでなく、在宅時の緊急事態にも対応してくれます。また女性ならではのストーカー対策なども最近のホームセキュリティでは充実しています。

もちろんワンルームマンションでも設置可能ですよ。