空き巣が盗聴器を仕掛けていくことなんてあるの?

空き巣に入られたけど被害がなかった?

そんなとき盗聴器が仕掛けられている可能性があるという噂を耳にしたことはありませんか?

空き巣の目的は?

突然ですがクイズです。空き巣が誰かの家に侵入する目的は何でしょうか?

答えは簡単ですね。何かを盗むためです。

ですから留守中に窓ガラスを割られたり、勝手口がこじ開けられたりしちえて、誰かが侵入した形跡があるなら、何か盗まれていないか必ず調べるべきです。

でも空き巣が侵入した形跡があるのに何も盗られていないことも時々あります。警察に言われて何度も何度も調べるのですが、どれだけ探しても何も盗まれていないのです。

これって空き巣が目的を遂行していないことになりますよね。

スポンサードリンク

空き巣の目的を遂行していないときに考えるべきこと

もし空き巣が自宅に侵入したにも関わらず、何も盗られていないときに確かめるべきことはただひとつ。それは盗聴器を仕掛けていないかです。

「いやいや、盗聴器なんて映画どかドラマの中の話でしょう?」と笑いとばしたくなる人もいるかもしれませんが、現実的に盗聴器の被害は起こっています。

インターネットで調べてみれば分かりますが、盗聴器の捜索を専門にした業者はかなりたくさんあります。それだけたくさんの業者があるということは実際に需要があるのです。

ですから、もし信じられなくても一度以下の場所を確認してみてください。

蛍光灯の上

電球が切れたときくらいしか触ることがなく、ホコリまみれになっていることが多いと思いますが、蛍光灯のカバーの周辺に何か変わったものはありませんか?もしくは最近触ったような形跡(例:ホコリが一部欠けているなど)はありませんか。

ここは普段はノーチェックなので盗聴器を隠しやすい場所になります。

タンスの裏

タンスの裏も蛍光灯の上と同じく、普段は全く見ないですよね。普段見ないところは要チェックのポイントでもあるので、一度ご確認ください。

コンセント

盗聴器が仕掛けられる場所として最も多いのがコンセントです。盗聴器用の電源を取れるので、ずっと作動させることができます。

コンセントもあまり見ることはないかもしれませんが、一度すべてのコンセントをチェックしてみましょう。

  • 電源コードを差し込んでいる位置が変わっていないか
  • コンセントカバーが何か新しくなっていないか
  • テレビラックやタンスの裏にあるコンセントのホコリがなくなっていないか

など、何か違和感があるなら要注意です。

電化製品の置き場所

電話やパソコン、テレビ、時計など、普段何気なく置かれている電化製品の置いている場所がずれていませんか。

犯人が盗聴器を細工した場合、かならず動かした形跡が残るはずですので、電化製品の置き場所に違和感がある場合も要注意です。

スポンサードリンク

まとめ

空き巣と盗聴器についてお伝えしてきました。

盗聴器なんて言われると自分とは縁遠い感じがしますが、そういう人こそ絶対気をつけるべきです。空き巣が入って何も盗られていない場合は、絶対チェックしましょうね。

もし何か違和感があるなら、盗聴器の専門業者に必ず調べてもらいましょう。